June 23, 2018 | Author: naomi
20180623-1861686A-B728-44B5-B0C2-C1F402092797.jpeg


いろんなお茶の歴史がありますが、
再開発の進む渋谷で6年間もの間、
宮崎茶を淹れ続けてきた宮崎生まれの茶師はいないだろうなって

宇宙ができてからを比べると
なんて小さなことをつぶやいているんだろうって
思われるかもしれないけど、
僕は、そんな小さなことに情熱を捧げてる。

東京では、きっと1000万人以上の人がまだ宮崎でお茶を作ってるって
知らないだろうな。
大きいことができないから、いつも変わらず地道に今年できた宮崎の新茶を
飲みたい方にしっかり淹れる作業を繰り返す。

今年は、オーガニックのお茶が準備できたので、
宮崎のオーガニックの話しをしながら、
まるでハイキングしているように
皆さんが足を止めて、お茶の風味に酔いしれていました。

大きな天災もなく、
大好きな生産者も元気で、
白玄堂チームもうまく機能し、
今年の新茶ができた。

そして、
d&departmentが運営するd47 travel storeさんに
今年も白玄堂を呼んでくださって、
2週間も宮崎茶を様々な方々に紹介してくださいました。
素敵なスタッフの皆さんがとっても親切で
毎年、毎日、僕に自由を与えてくれて、
細やかなサポートをしてくださり、いつも頭が下がります。
伝えるお店として運営されているので、
とってもフィットする場所だな〜って感じながら
時間が経つのをすっかり忘れてしまいます。
スタッフの皆さん、6年目もありがとうございました。

今回、とっても人気だったのが
都農町産 オーガニックやまなみ新茶
清武町産 宮崎で一番高級新茶
でした。

オーガニックやまなみ新茶は、本当に日本で僅かしか生産されていない品種で、
それをシングルオリジンで作り込みして、お茶好きな方をビックリさせた新茶でした。
深蒸し茶がみんな大好きですが、このお茶は生葉を500kg/10a摘みして、
古典的な浅蒸し製法で作られ、火香が入らないように火入れして、
丁寧に作り込みました。

そして、宮崎で一番高級な新茶は、いままで宮崎だけで完売していたのですが、
今回、渋谷にも持参しました。
毎年10kgしかない最高のお茶は、やっぱり皆さん大好きでした。
宮崎でもこうした高級茶を作っていることを皆さんにお伝えできて、
本当によかったです。

相変わらず、ミントグリーンティはとっても人気で
今年は、シトロングリーンティもそれに引っ張られて人気でした。

そうそう、
忘れてはいけないのが
白玄堂茶屋限定で発売しているあさつゆ番茶。
追加で入荷したのですがあっという間に完売となりました。
飲んだことのない風味なのに一口飲んだだけで、
みんな虜になってくれて、去年10月に販売をスタートさせて本当によかったなって
改めて実感しました。

商品全てを企画して、作っているのでどれもオススメですが、
押し付けするのが嫌いというか苦手なので、
とにかく好きなお茶を出会っていただくまで試飲を思う存分していただく、
それぞれの淹れ方があるからそれもしっかり説明して、
納得いくまでじっくり時間をかけて皆さんのお茶との出会いを大切にしています。

インターネットで何でもすぐに買える時代ですが、
白玄堂のお茶は、どのお茶とも違うからとにかく伝えることが沢山あって、
皆さんは僕の話を聞く時間がどうしても発生してしまうから、
いろんなオリジナル宮崎茶をとことん飲んでいただく時間にもなってる。

一時期、プロデューサー側になったほうがいいとか、
プレーヤーじゃダメとか言われた時もあったけど、
相変わらず、全部楽しみたいって再確認しました。

今回もいつもの皆さんにお会いできたり、
新しい出会いがあったり、同級生が来てくれたり、
お茶と皆さんの出会いを大切にしながら、
僕は、皆さんとの出会いをいつも大切にしたいなって。

また、僕の淹れるお茶を飲んでいただけるようにしっかり準備して
渋谷にお邪魔しますね!

Category: 活 動

Comments

---

Leave comment

このアイテムは閲覧専用です。コメントの投稿、投票はできません。
« Prev itemNext item »