«Prev || 1 || Next»
September 16, 2010 | Author: naomi


好きなお茶は、何かと問われる。

決まって「田舎くさいお茶」とこたえる。

田舎くささって何かと問われる。

昔ながらの肥料をつかったり、
チャの樹に負担をかけない栽培方法を
していること。とこたえる。

それは、どんなお茶かと問われる。

香りは、ほのかなお茶の香りがして、
ほのかさの中に自然の植物の香りも持っている。
喫茶した後に10分ほど戻り香があるもの。
滋味は、土の味がして、旨味がごく自然で柔らかいもので、
水色(すいしょく)は、全然気にしない。と答える
緑色でも、黄緑色でも滋味が好みならなんだっていい。


白玄堂の好きなお茶の基準は、
目を閉じて、喫茶すると見えてくるかもしれません。



Category: 喫茶方法
November 03, 2009 | Author: naomi
快晴の宮崎市です。


新型インフルエンザが流行しています。
若年層や高齢者の方にかかりやすいと聞いていましたが、連日ニュースでは年齢関係なく感染し、悲しい結末が報道されています。


取引のある針灸専門 東薬草店さんの話によると体温が低いとウィルスを排除できず、かかり易いので暖かくすることが重要と話していました。
それから、お茶のうがいについては非常に効果があると話していました。そして、鼻の粘膜。鼻の粘膜に潤いをあたるとウイルスも体内に入りにくいとのこと。
乾燥は禁物で、そこでマスクを使用し、喉と鼻に潤いを与える必要があるとのこと。
ウイルスを口から鼻から入れない為というよりも、湿度を保つ必要があるとのことでした。


京都の宇治では、何年も前から小学校の水道からほうじ茶が。静岡の島田では、数年前から水道から粉末茶がでるようにして、うがいを徹底している。学校関係者によると数年前より学級閉鎖がなくなり、皆さん元気に登校しているとコメントが書かれていました。


紀元前から喫茶されている茶は、科学的な解明もされない時代に万能薬として使用されてきました。

人類の知恵は、素晴らしい。
ワクチンは、元気な30代の私にはきっとまわってこないでしょう。自分で出来る事といえば、身近なお茶での予防。

お茶を飲み、その湯気で粘膜に潤いを与えるといいでしょう。


手間を惜しまず、楽しい毎日をもっと楽しめるように各々の予防策が必要かもしれません。

Category: 喫茶方法
«Prev || 1 || Next»