«Prev || 1 || Next»
September 17, 2013 | Author: naomi
20130916-DSC_0067.jpg

一心鮨さんと白玄堂の共通点は沢山ある。

特筆すべき点は、「手作り」と「それを口にすると元気になる」

注文をいただいてから、手作りする。
もちろん、仕込みは入念に行う。
試食や試飲は惜しまず行う。

熱いだけではなく、情のある熱さだから、
私達には、情熱がある。

甘味処 一玄は、そんな軸で回っています。

月曜日と水曜日が休日。

13:30~16:00の限定営業だから出来るパフォーマンスを
どうぞお楽しみください。

August 24, 2013 | Author: naomi

甘味処一玄にて、宮崎茶の販売もスタート。

宮崎茶を六種類からお選びいただけます。

営業期間 8/1〜11月末日予定
定休日 月曜日・水曜日
場所 一心鮨本店
時間 14:00〜16:30

June 29, 2013 | Author: naomi
20130628-DSC_0167.jpg

情熱と実行。
今の白玄堂はそれだけ。
今できなくても、できるように努力する。
努力のやり方は、いろんな方々との出会いの中でいつもヒントをいただいている様に感じます。
だから、足を運び白玄堂の事業や活動の話を繰り返し行う。

そんな繰り返しの折、


一心鮨光洋と白玄堂は、また同じ目線で伝えたいことが溢れてきました。

甘味処 一玄 をはじめます。
3年前に甘味処 一玄を二か月限定で一心鮨光洋と白玄堂で営業しました。
2013年8月から営業を開始します。もちろん、今回も二か月限定営業です。

おたのしみに

July 18, 2010 | Author: naomi
本日も甘味処 一玄に起こし下さり、まことにありがとうございました。

さて、明日から茶ムリエは、研修行ってまいります。

甘味処 一玄は、休まず営業しております。
茶ムリエが不在の一玄は、
一心鮨光洋のエース ゆうたろうさんがメインで、
皆様にお茶をお淹れいたします。
最高の宮崎茶を楽しんでいただく為に
ひとつ一つ、真心を込め一生懸命に
お茶の滋味を引き出します。

もし、お客様が同時に来店されたり、
混み合ってしまう場合、お客様に
お願いがございます。
お茶を楽しんでいただく前に、
ゆっくりとお待ちいただけますと
助かります。
勝手を申し上げますが、よろしくを願いいたします。

July 06, 2010 | Author: naomi
甘味処 一玄は、限定営業。6/1~7/31

残り一ヶ月を切りました。

日々変わる甘味は、益々お客様の笑顔を作り、
宮崎茶は、驚きとともにくつろぎを与えられているように
思えます。

そんな茶ムリエの日常に
最近、素敵な事が沢山起こっています。
カメラでは、おさまらない出来事。

茶ムリエのいれたお茶を
両手で大切に大切に喫茶していただける。
ただそれだけで、感謝が尽きません。

当たり前の光景でなんて事ない作業ですが…

生産者の祖先が山を切り開き、
茶を植え、
その土地を守り、
今もお茶に愛情を注ぐ生産者。
その方たちの思いを少しでも多く
伝えられるように今後も
一杯のお茶を大切においれします。

まだまだ、伝え切らない自分に反省する毎日でも
ありますが、あるがままの宮崎茶を日々お伝えするべく
一玄を楽しみます。



さて、浴衣をお召になられた方が来店されました。
「お茶を浴衣で楽しみたかったので…」
素敵なお客様に感謝。

そこで!!

甘味処 一玄の茶ムリエから嬉しいお知らせです。
甘味処 一玄の営業中(7/31まで 14:00~17:00)に
浴衣や着物をお召しの方は、
秘密の一杯をサービスさせていただきます。
※ただし、7/8~7/11 と   7/17~7/20の期間は、
茶ムリエ不在の為サービス出来ませんので、ご了承ください。

June 01, 2010 | Author: naomi
本日より
「甘味処 一玄」
限定オープンしました。

6月1日 から 7月31日

May 30, 2010 | Author: naomi
null

江戸時代
日本独自に時を刻んでいた。

お茶とお菓子は、当時とても高尚な食文化でした。


みんなそれを楽しみたい一心だった。


煎茶文化は、江戸時代 京都の宇治で生まれ、
庶民でも手軽に保存できて、喫茶できる環境が急須とともに
全国に広がった。

和菓子文化は、砂糖、水飴、米、小麦、小豆など限られた食材で
作られる芸術作品。
お茶の世界と調和し、日本の花鳥風月を表現しながら広がっていった。


お茶とお菓子を食すれば、玄気(元気)になれる。
当時の皆さんは、そんな風に感じていたかもしれません。


水無月の未の刻(6月の午後二時)
「 甘味処 一玄 」 
開店いたします。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◎名称
甘味処 一玄 (かんみどころ いちげん)

◎場所
一心鮨 光洋 内
宮崎市昭和町21番地
0985-60-5005

◎営業時間
6月1日から7月31日の限定営業 
14:00 ~ 17:00

◎休  日
毎週月曜日

◎おしながき
甘味セット  (手作り和菓子 4種類 と 宮崎茶 1種類)  ¥950

甘味セットの内容
手作り和菓子は、追加でご注文いただけます。(別途追加料金 ¥100~)
宮崎の素材を厳選し、お作りいたしております。

宮崎茶は、6種類からお一つお選びいただきます。
三種類の煎茶・宮崎の黄金 烏龍茶・宮崎の紅茶の五種類と
毎週変わるお楽しみオススメ茶1種類の計6種類からお一つ
を選びいただきご注文していただきます。
三煎目まで手前どもがおいれいたします。
追加でお茶のご注文は可能です。(別途追加料金 ¥500)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

May 15, 2010 | Author: naomi
null


一貫一貫に感動があり、幸せになり、元気になるお鮨
香り、口当たり、余韻の素晴らしさが溢れる日本料理
一心鮨 光洋さんは、仕込みに一切の妥協はない。

そんな素晴らしいこのお店で甘味処を期間限定で営業いたします。

20100515-P5144606.jpg

一心鮨光洋さんの掲示板に告知が掲載されています。

期間 6月1日~7月31日まで
時間 14:00~17:00

20100515-P5144616.jpg

白玄堂は、今年13種類の宮崎新茶をそろえている最中です。
寒さの影響で残り、4種類がまだ手元にありませんが、順次入荷いたします。

甘味処 一玄では、お好きな宮崎新茶を13種類と2種類(烏龍茶と紅茶)を選んで喫茶できます。
白玄堂の茶ムリエと一心鮨光洋さんのスタッフさんがお一つお一つ丁寧に
お客様の体調やその日の気候などに合わせて、お茶を淹れさせていただきます。

まだ、出会ったことの無いお茶や愛して止まなくなるお茶を皆様にご紹介できる。
こんなに嬉しい事はありません。

20100515-P5144622.jpg

一心鮨 光洋 日本料理担当  木宮一成さん
彼が、甘味を作ります。
一切の妥協を許さない彼の織り成す和菓子。
繊細で愛おしい甘味といえばいいでしょうか。

皆様の五感でご確認下さい。




«Prev || 1 || Next»