«Prev || 1 | 2 | 3 |...| 76 | 77 | 78 || Next»
October 05, 2009 | Author: naomi
とっても楽しい二日間(10月3日と4日)でした。


久々にフーデリー霧島店での試飲販売会。

今回は、宮崎 ほうじ茶 Teaバックと黄金 烏龍茶の発表会でした。


白玄堂のテイストは、ほんのり甘味が口の中に10分以上のこるように仕上げております。


宮崎 ほうじ茶Teaバックは、2g入りのバック一つで2リットルのお茶が作れます。
実際に二日間、皆様におだして、香り高い柔らかさと甘味が好評でした。

烏龍茶は、熱湯でおいれしました。戻り香の心地良さがとても気持ちいいと沢山のお声をいただけました。


楽しくなる宮崎茶を白玄堂は今後もリリースいたします。




それから、今回沢山応援のお言葉をいただけ誠にありがとうございました。皆様に感謝申し上げます。
手前どもは、今後も宮崎のお茶の事をblogやTea Spoke白玄堂から発信してまいります。

Category: 活 動
September 29, 2009 | Author: naomi
こんにちは、白玄堂です。



昨日からまとまった雨が降る宮崎市。

日中になると30度を越える暑さ。

昨夜から今朝にかけて、湿度が高く、夏に逆戻り。


宮崎市でも秋の訪れを感じていますが、まだまだ夏の余韻を感じられます。


本日も宮崎物産館にて、皆様のご来店お待ちいたしております。

Category: 活 動
September 24, 2009 | Author: naomi
こんにちは、白玄堂です。

二夜続いて宮崎市では恵みの雨がパラパラと降りました。



雨が降ったり、
晴天だったり、
その循環で作物が育ち、
私達は、食を楽しむ事が出来ます。


「二酸化炭素排出を抑制する」
と考えるよりも
「酸素を生み出す」
と考えた方が重荷が軽くなります。
ちょっと気持ちの問題ですが(笑)


その個人の気持ちの持ち方で、生活している環境をほんの少し変える事が出来る。


整備されている水道水を鉄瓶にいれ、沸かす。
充分に美味しいお茶が楽しめます。


山で暮らすなら完全に二酸化炭素を抑制できるかもしれないが、この経済社会はそれを推進していない。
山に水をくみに行くなら、石油で作られた乗り物を使用しガソリンを使う。

考えれば、尽きない話です。。。


私は、日本人がどうしてお茶を喫茶するのかとか…
紀元前からのお茶の楽しみ方を考察するほうが、尽きませんが…(笑)



今夜も鉄瓶でお湯を沸かし、宮崎茶を楽しみながら、そんな事を考えてました。

Category: 活 動
September 22, 2009 | Author: naomi
こんにちは、白玄堂です。


今朝、お茶をだしていたら宮城県と栃木県の方から
「宮崎はまだ半袖で過ごせるからいいですね。地元ではトレンチコートが欠かせなくなりました。」
とのこと。


温暖な宮崎は幸せな場所なんですね。



私はイベント用に急須を3個と湯冷ましを2個携帯しています。

茶種によって急須を使い分けています。



急須を大切に取り扱う場合、使用後に写真のように水気をしっかりとると、よいでしょう。


ひと手間で美味しさが増します。

Category: 活 動
September 21, 2009 | Author: naomi
宮崎市内は、暑い一日となりました。


本日も早朝から急須で宮崎茶をおいれしました。



一つひとつ、急須でお茶をいれる。


お茶をいれてる瞬間が一番楽しい私は、毎朝が幸せです。


明日の朝も丁寧に。
宮崎のお茶は、旅人を癒してやみません。

Category: 活 動
«Prev || 1 | 2 | 3 |...| 76 | 77 | 78 || Next»