«Prev || 1 | 2 | 3 |...| 114 | 115 | 116 | 117 || Next»
October 25, 2009 | Author: naomi
白玄堂です。



本日、お茶教室 HAIKENBON 第6講座をTea Spoke白玄堂で行います。


貸し切りで行いますので、お休みさせていただきます。



ネットショッピングとFAXのご注文は休まず、営業いたしております。

Category: お知らせ
October 23, 2009 | Author: naomi
2009 秋 宮崎



夏(8月9日 白玄堂の日)にスタートした、

お茶教室 HAIKENBON。

10月25日(日) 第6講座を行い、三ヶ月の講座を終えます。



紀元前より薬として、飲用されてきた茶は、時代と共に変化し、日本では文化となった。


やり甲斐がない
生きてる意味がわからない
好きな事がみつからない…
そんな記事や報道を見たり聞いたりする。

何にもなくても食する事が出来れば、本当は幸せな事だと感じられる日本であってほしい。


飾らない生活。


飾りっけのない茶室。


何にもない事や古びた道具に美しさがあると、村田珠光は室町時代に広めた。


現代にこの「わび茶」の心がほんの少しだけ必要ではないかと思う。


HAIKENBONは、拝見盆からきています。
拝見盆とは、黒い鉄のお皿で、それに見本のお茶をいれ吟味します。
拝見盆はたえず様々なお茶を発信する受け皿。

白玄堂のHAIKENBONは、宮崎茶を中心に様々なお茶を発信する受け皿。


楽しいお茶教室を実施するべく、第二期生の講座日程を作成中です。




そうでした!この秋空のように爽やかな新商品を近日発売いたします。

October 21, 2009 | Author: naomi
お茶摘みは、年間通して行われます。



本日は、秋当番茶(しゅうとうばんちゃ)の入札会へ。


写真のお茶は、品評会に出品された一番茶。この時期に上場されます。

Category: 活 動
October 20, 2009 | Author: naomi
こんにちは、白玄堂です。


大変お待たせいたしました。
黄金 烏龍茶の袋タイプを明日より
Tea Spoke 白玄堂より発売いたします。


すっきりしたい夜やアフタヌーンにオススメのこのお茶。

宮崎の風味がふんだんに入った一品です。


宮崎の自然を柔らかく演出する「戻り香」が、新鮮でいて、どこか懐かしい。

下に残る旨味が身体を包み込むような感覚さえ覚えます。

約3gで4煎目まで楽しめる烏龍茶です。


黄金 烏龍茶(袋タイプ)
10g 420円(税込)


清々しいTea lifeをあなたに…
白玄堂でした。

October 15, 2009 | Author: naomi
おはようございます。

宮崎市の朝もぐっと冷え込みこの季節。



そんな本日の地元紙 宮崎日日新聞に白玄堂の「黄金の烏龍茶」が取り上げられました。


宮崎日日新聞 第9面 経済面 アラカルト欄に広がる「戻り香」特徴として紹介されています。

カフェインが少なく、冷え込む夜にアツアツのお湯を注ぎ、喫茶していただきたいお茶です。
宮崎茶がどんどん楽しくなります♪

烏龍茶は本来、黄金色。
パッケージを黄金にしました。


掲載してくださった宮崎日日新聞のK記者様、カラー掲載ありがとうございました♪

現在、
宮崎観光ホテル(宮崎市)
フーデリー霧島店(宮崎市)
Tea Spoke白玄堂(宮崎市)
の三店で限定発売中です。

Category: マスコミ関係
October 12, 2009 | Author: naomi
とっても気持ちいよい天気の続く宮崎市。


白玄堂の茶ムリエは、

来たる、10月14日水曜日〜10月17日金曜日まで

宮崎物産館にて、宮崎茶を発信いたします。

時間は、09:00〜18:00。


先月、人気のありました。宮崎 ほうじ茶Teaバックも試飲出来ますので、どうぞご来店下さい。

Category: お知らせ
October 11, 2009 | Author: naomi
null
白玄堂のお茶教室 HAIKENBONは、あっという間に第五講座を終えました。

お茶の話が出来る喜びで、第一講座からずっと胸のトキメキはおさまらず(笑)
今日も皆様から元気をいただきながら、楽しく講座を終えることが出来ました。

伝えれば、伝えるほどに、どんどん吸収してゆく受講生は、毎時間、講義を終える度に
確かな成長を遂げています。

質問のペースも毎時間変らず、沢山疑問を投げかけてくださるので、
それがまた楽しくてしょうがありません。
疑問を持つことは、真摯にお茶と向き合っている証拠。

6講座目を残し受講者の方々は、五感が鋭くなり、お茶に対する「ものさし」が各々構築されたように感じられます。

最終講座を待たずして、どうしもHAIKENBONの感想をお伝えしたくなりました。
最終講座も今からとても楽しみです。

October 10, 2009 | Author: naomi
null
お知らせです。

明日は、お茶教室 HAIKENBON 第五講座を行いますので、
Tea Spoke 白玄堂はお休みさせていただきます。

Faxならびにネットショッピングは休まず、
ご注文をお受けいたしております。

Category: お知らせ
October 10, 2009 | Author: naomi
「じゃ、美味しいあがりをいただこうか。」



一心鮨 光洋(宮崎市)では、カウンターのお客様に鮨を握るように、その舞台でお茶をそそぎ、活きのよい掛け声と共にお茶がだされる。



通常、鮨屋のあがりは、熱々の粉茶や番茶が主にだされる。
自然の旨味を大切にする光洋さんでは、懐石料理と鮨とお茶を一つと考え、手間を惜しまず最後に急須と湯冷ましを使用し、お客様の体調や気持ちを肌で感じ、感謝の気持ちを加えて一杯のお茶に表現している。


多い時では、4種類の宮崎茶を使い分けている光洋さん。

季節の変わり目になると、様々な宮崎茶を喫茶し、この季節にどんな宮崎茶が合いますか?と連絡があるほど、宮崎茶と向き合っていただいてます。

ちなみに、この季節に合う白玄堂の宮崎茶は、「めぶき」です。
芳醇な甘味と柔らかな香りが、秋の食とよく合います。さらに、食べ過ぎてしまう季節なので、「めぶき」を少し濃い目にいれるとバランスのよい食生活がおくれます。


一心鮨 光洋さんのきめ細やかなサービスと繊細な鮨や料理と宮崎茶。


宮崎の雅がそこにあります。

Category: 活 動
October 07, 2009 | Author: naomi
毎週、火曜日はお休みをいただいています。

しかし、10月6日火曜日。お茶の講師として商工会議所へ。

13:30〜16:30まで約3時間。途中休暇を10分はさみ。
お茶のあれこれをお話しました。


講師として行く場合、資料はもちろん持参します。それから、必ず持参するのが私の七ツ道具。
急須、湯冷まし、鉄瓶で沸かした電気ポット、バケツ、お茶最低5種類、手ぬぐい、お盆。

今回は、5種類のお茶をテイスティングしていただきました。

資料なしで、軽く講演してほしいとの依頼でしたが、受講者の方々は、非常に熱心で、私もついついエンジン全開で駆け抜けました(笑)
日常の日本茶だけに全ての方から、様々なご質問が飛び出し、興味の深さを知ることが出来ました。
もちろん、宮崎茶の話もさせていただきました。
宮崎茶を伝えられて、幸せな時間でした。

受講者8名の熱が宮崎物産を熱くしそうです。

商工会議所のRさん、ありがとうございました。今後もよろしくお願いします。


写真は、日本茶(向かって左)と紅茶(向かって右)のリキュールです。

Category: 活 動
«Prev || 1 | 2 | 3 |...| 114 | 115 | 116 | 117 || Next»